マジカルミライ

初音ミク マジカルミライ2014

2014.8.30 in インテックス大阪 2014.9.20 in 東京体育館

特別インタビュー第三弾

大阪イベントのアンケート実施中!抽選で「初音ミクグッズ詰め合わせ」をプレゼント!

マジカルミライ 2014 とは

「初音ミク」を取り巻く創作文化の“今”を発信するイベントです。

2会場ともにコンサートを実施。多様なクリエイターたちが創作した楽曲を「初音ミク」が歌い、観客と一体となってステージを創り上げていきます。展示エリアのある会場では、クリエイター作品の展示をはじめとする“初音ミクの創作文化”を取り上げたブースを展開。入場者が参加できる創作企画も実施します。同エリアでは“初音ミクとのコラボレーション”が目白押しの企業ブースも登場。

イメージモチーフは『キューブ』となっており、「初音ミク」「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」「MEIKO」「KAITO」のキャラクター性と多角的な創作文化の広がりを表現しています。「初音ミク」の楽曲と鮮やかな創作世界、そして未来へ繋がっていく創作文化をぜひ体感してください。

※「初音ミク」「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」「MEIKO」「KAITO」は、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が企画・開発した「ソフトウェア」であり、そのパッケージに描かれた「キャラクター」です。

昨年度の様子はこちら

初音ミクとは

「歌を歌うソフトウェア」であり、ソフトウェアのパッケージに描かれた「キャラクター」です。2007年8月31日、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(以降、クリプトン)の企画・開発により発売されました。

発売後、クリエイター達によるインターネット上への楽曲投稿を機に、一躍人気となりました。音楽だけでなく、イラストや動画など様々なジャンルのクリエイターも、クリプトンの許諾するライセンス(*1)のもと「初音ミク」をモチーフとした創作に加わり、創作の連鎖が生まれていきました。

現在では、国内のみならず海外でもグッズ展開、3DCG技術を駆使したコンサートが行われるなど、ソフトウェアの枠をはるかに超えた、多方面での活躍を見せています。

(*1)キャラクター利用に関する独自ライセンス……クリプトンは、クリエイターが作品を投稿し、コラボレーションできる場として2007年12月にコンテンツ投稿サイト「ピアプロ」(piapro.jp)を開設しました。また、自社のキャラクターを非営利目的において合法的に二次利用できるよう、ピアプロキャラクターライセンス(PCL)を規定して利用を許諾しています。2012年12月にはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC BY-NC)にも対応しました。

公式WEBサイト  http://piapro.net


illustration by KEI

ミクの公式ビジュアル