マジカルミライ 5th Anniversary Special Live

開催日時

DAY 1

2017.9.1(金)

OPEN 19:00

START 19:30

(公演時間:約2時間)

初音ミク「マジカルミライ」5周年目の開催を記念し、歴代イベントテーマソングのクリエイターが出演!

DAY 2

2017.9.2(

OPEN 19:00

START 19:30

(公演時間:約2時間)

majiko × みきとPによるSpecialアコエレLIVE、大人気ピアニスト”まらしぃ”によるピアノLIVEを開催!

ライブ夜公演終了後に本公演をご覧いただくことが出来ます。

会場

幕張メッセ 国際展示場 2ホール

『初音ミク「マジカルミライ 2017」』企画展ステージ

出演

2017.9.1(金)

keisei

1993年11月3日生まれ、茨城県かすみがうら市出身。

厨二病期真っ只中に初音ミクを触媒とした文化や技術に衝撃を受け、ファンの傍らクリエイターとして活動することを志すようになる。

2008年よりニコニコ動画を中心にオリジナル曲を投稿。総再生数30万回。

今回、初音ミク「マジカルミライ 2017」楽曲コンテストにて「Singularity」が採用される。

個人サークル「ミライトアルマチ構想」の名前には「未来、と或る街」「未来と在る町」の2つの意味があり、デジタルとアナログ両面の発想や情緒を大切にした創作を心がけている。

本業はWebエンジニア見習いで、ネットクリエイターが楽しく創作できる世界を作ることを企んでいる。

さつき が てんこもり

東京とネット上を拠点に音楽活動を展開する作曲家、DJ。

2003年より「たのしいおんがく」をテーマコンセプトに据えアキバポップ、クラブミュージックを主軸にしたサウンドメイキングを行う。

アイドル「私立恵比寿中学」や、アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」に楽曲提供の他、ボーカロイドを用いた楽曲「ネトゲ廃人シュプレヒコール」が動画サイトにて200万再生を記録するなど、オタク音楽のニューエイジとして注目を集めるコンポーザーの一人。

kz(livetune+/livetune)

ClariS、Tokyo 7th Sistersの楽曲を始め、アニソン、ゲーム、J-POPなどを手掛ける音楽プロデューサー。またDJとしても『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『COUNTDOWN JAPAN』、『ULTRA JAPAN』、『超会議』などジャンルの垣根を越えて数多くのフェス、イベントに出演。2016年からは中田ヤスタカ、tofubeats、banvoxらと新たなイベント『YYY』を始動。

livetune名義では“Google Chrome - 初音ミク篇 -” のCM曲「Tell Your World」、マジカルミライ2015のテーマソング「Hand in Hand」を始め、数多くの初音ミク作品を生み出す一方、SEKAI NO OWARIのFukase、ゴールデンボンバーの鬼龍院 翔など豪華リアルヴォーカリストを迎えた楽曲もリリースしている。

また自身のライブユニットlivetune+(ライブチューンプラス)ではボーカルにやのあんなを迎えunBORDEから1st EP「Sweet Clapper」をリリース。今後の活動に注目が集まる。

みきとP

2009年よりネットミュージックシーンにて活動を始める。

VOCALOIDを使用しジャンルの垣根を越えた多様な楽曲を「みきとP」名義で発表する。

2012年「いーあるふぁんくらぶ」「サリシノハラ」のヒットを契機に海外でのイベント興行、本人歌唱でのライブやアルバム製作、クリエイターとしてマルチに活動の幅を広げてゆく。 2016年初音ミク最大のライブイベント『マジカルミライ』のテーマソング「39みゅーじっく!」を担当し話題になる。

現在は、みきとP(ボカロP)としての活動だけにとどまらず音楽作家mikitoとしてアイドルや様々なアーティストへの楽曲提供を数多く手掛けるなど幅広く活躍中。

まらしぃ

1990年3月10日愛知県名古屋市生まれ、在住。ピアニスト、作曲家。

2008年から名古屋自宅よりピアノ演奏動画、ライブストリーミングを発信、動画サイト総再生数3億回、YouTubeチャンネル登録者数75万人。

TOYOTA「アクア」CMでも話題になった「千本桜」演奏動画は1,700万再生を超える。アニメ、ゲーム、ボーカロイド、J-pop、そしてオリジナル…従来のジャンルに囚われない選曲、まらしぃ自身楽しんでピアノを弾くスタイルに日本のみならず世界のピアノファンが共感、支持する新世代ピアニスト。

2016年夏、日比谷野外大音楽堂にて本人主催フェス“まらフェス”を開催。満員の会場をピアノ演奏で圧倒した。自身アルバム、動画配信の活動とは別にトヨタハイブリッドカー「AQUA」CMソング(「チョコレイト・ディスコ」、「千本桜」、「プレリュード」FINAL FANTASYシリーズより)の演奏を担当。嵐、通算13枚目アルバム「THE DIGITALIAN」、二宮和也ソロ曲「メリークリスマス」にピアノで参加。ソフトバンクでんきwebCM楽曲提供 、本人出演。スマホアプリ「パズル&ドラゴンズ」降臨ダンジョンでのピアノ演奏。VIVA LA ROCK(2015 さいたまスーパーアリーナ)、JOIN ALIVE(2016 北海道いわみざわ公園)の野外フェス出演等々各方面で注目を集めている。

2017年4月自身初の海外レコーディングを含むオリジナル2枚組3rdアルバム「PiaNoFace」をリリース、秋には全国12箇所1万人動員のコンサートツアーを行う。

majiko × みきとP 初音ミク「マジカルミライ 2017」SpecialアコエレLIVE


majiko

幼少のころからROCK、SOUL、JAZZなど様々な音楽を聴き、「まじ娘」としてネットシーンから人気を集め、バンドシーンでも注目されている女性ボーカリスト。近年では国内外のライブイベントにも多数出演。作詞、作曲、イラストも手掛けマルチな才能を発揮している。

2010年6月、動画共有サイトに自身の歌を初投稿。

2013年12月、ライブイベントETAに初出演。

2015年4月、1stアルバム「Contrast」リリース。

ホリエアツシ(ストレイテナー)による書き下ろし曲をみきとPが編曲した「アマデウス」や、「心做し」「アイロニ」「独りんぼエンヴィー」等、ボーカロイドを代表する楽曲を多数収録。

2015年6月、初のワンマンライブを東京・キネマ倶楽部にて開催。チケットはSOLD OUT。

2015年11月、ホリエアツシのプロデュースによる1stシングル「mirror」をリリース。

2016年1月には同じくプロデューサーにホリエアツシを迎えた2nd ALBUM「Magic」をリリース。

同作には、荒井岳史(the band apart)作詞・作曲「きっと忘れない」、森勇介(locofrank)作詞・作曲「Days」を収録し、自身が作詞作曲をした楽曲を半数以上収録。

2016年1月~2月、大阪・心斎橋Music Club JANUS、東京・恵比寿LIQUIDROOMにて2度目のワンマンライブを開催。

2016年12月東京・渋谷WWWにてワンマンライブを開催。(SOLD OUT)

2017年2月、1stミニアルバム「CLOUD 7」をリリース。

アーティスト名義を「まじ娘」から「majiko」に改名。


みきとP

2009年よりネットミュージックシーンにて活動を始める。

VOCALOIDを使用しジャンルの垣根を越えた多様な楽曲を「みきとP」名義で発表する。

2012年「いーあるふぁんくらぶ」「サリシノハラ」のヒットを契機に海外でのイベント興行、本人歌唱でのライブやアルバム製作、クリエイターとしてマルチに活動の幅を広げてゆく。 2016年初音ミク最大のライブイベント『マジカルミライ』のテーマソング「39みゅーじっく!」を担当し話題になる。

現在は、みきとP(ボカロP)としての活動だけにとどまらず音楽作家mikitoとしてアイドルや様々なアーティストへの楽曲提供を数多く手掛けるなど幅広く活躍中。

※ バーチャルシンガーの出演はございません

チケット

全席指定 <各日>¥2,000(税込)

チケット情報はこちら

無料観覧ステージ

スケジュール

2017.9.1(金)

  • 13:30 - 15:00

    マジカルミライ 2017 OPENING PARTY

    八王子P、DJ'TEKINA//SOMETHING、めろちんによる実力派DJユニット”JUMP UP Boyz!!”が「マジカルミライ 2017」のスタートを熱く盛り上げます!!

  • 出演

  • 16:00 - 16:30

    ヤマハボカロバンドLIVE

    ミュージシャンによる楽器の生演奏で、インスト・アレンジされたボカロ曲をお楽しみいただけます。

    しかも演奏した楽器は「楽器体験ブース」で体験可能!この機会にボカロ曲の“演奏”にチャレンジしてみてください。

    ※ キャラクターは登場しません。

2017.9.2(

  • 11:10 - 11:50

    マジカルチャレンジステージ

    初音ミク「マジカルミライ 2017」企画展ステージで、ミュージシャンと一緒に「千本桜」をセッションする「マジカルチャレンジステージ」!

    参加者による『千本桜』演奏と、スペシャルゲストの164とミュージシャンによる名曲「天ノ弱」の演奏が楽しめます。

    協力:ヤマハミュージックジャパン

  • 出演

    • 164

  • 13:00 - 13:40

    keisei × ミクダヨー DJステージ - Songle Syncコラボ -

    『初音ミク「マジカルミライ 2017」楽曲コンテスト』でグランプリを獲得したkeiseiによるDJステージ!ミクダヨーも登場します!

    さらに、産業技術総合研究所が研究開発した新技術Songle Syncも初お披露目!

    ステージとスマホ上の音楽映像が同期して一斉に変わります。QRコードリーダーが使えるスマホのご用意をお忘れなく!

  • 出演

  • 14:10 - 15:00

    ナユタン星人&ピノキオピー ライブステージ

    大人気クリエイターのナユタン星人とピノキオピーによるライブステージ!

  • 出演

  • 15:40 - 16:20

    The Retrievers Live in マジカルミライ -ミクといっしょに!-

    『はりーP』こと針原翼が率いるロックバンド「The Retrievers」がマジカルミライで初ライブを開催!スペシャルゲストにミクダヨーが登場!

  • 出演

  • 17:00 - 17:30

    DJステージ ミスミ

  • 出演

    • ミスミ

2017.9.3(

  • 11:00 - 11:40

    DJステージ ATOLS

  • 出演

  • 13:00 - 13:30

    DJステージ めろちん【踊ってみた】

  • 出演

  • 14:20 - 14:50

    体験型新ライブ「初音ミクR3ライブジェネレーティド」

    さらにリアルなライブ体験が楽しめる「初音ミクR3ライブジェネレーティド」開催決定!本公演が初お披露目となる、初音ミク「17(イチナナ)モデル」が登場し、未来感あるステージで歌とダンスを披露!曲中では、スマホアプリ「初音ミクぐらふぃコレクション なぞの音楽すい星」のナビゲーター「メロピィ」が登場し、ミクとのMCも繰り広げます!なんと入場無料☆ぜひお越しください!

    R3webサイト

  • 出演

    • 初音ミク

    • メロピィ

  • 15:10 - 15:30

    DJステージ BIGHEAD

  • 出演

  • 15:50 - 16:20

    ヤマハボカロバンドLIVE

    ミュージシャンによる楽器の生演奏で、インスト・アレンジされたボカロ曲をお楽しみいただけます。

    しかも演奏した楽器は「楽器体験ブース」で体験可能!この機会にボカロ曲の“演奏”にチャレンジしてみてください。

    ※ キャラクターは登場しません。

  • 16:40 - 17:40

    まりえさゆりのオフラインセッション in 初音ミク「マジカルミライ2017」

    遊びの達人である人気声優・三宅麻理恵&原紗友里が、さまざまな遊びに触れることで、達人を超えた『遊び王』へと進化していく番組ですっ!

    今回は「初音ミク マジカルミライ2017」にて話題の新作「初音ミクTRPG ココロダンジョン」を、声優・藤田咲さまをゲストに迎えて遊んじゃいます!

  • 出演

    • 三宅麻理恵

    • 原紗友里

    • 藤田咲

    • 桜葉星菜。(冒険企画局)

八王子P

ニコニコ動画で最も熱い注目を集めているボカロ界の貴公子。_これまで動画サイトにアップされた関連動画総再生数は1000万回を超える。_MMDのプロデューサーわかむらPとタッグを組んでアップされた八王子Pの代表作「Sweet Devil」と「エレクトリック•ラブ」はダンスミュージックをベースにしたエレクトリックなサウンドとクオリティーの高い動画が話題になり、瞬く間に殿堂入りを果たす。2012年2月1日にリリースされたメジャーファーストアルバム「electric love」はオリコン初登場11位を記録。_その人気は国内に留まらず、台湾でリリースした「Sweet Devil」はK-POP/J-POPチャートで4位。その後リリースされた「electric love」はK-POP/J-POPチャート3位、総合チャート8位を獲得。

2012年8月29日にはkz (livetune)とのコラボレーションで制作されたPlayStation Vita用ソフト「初音ミク –Project DIVA- f」のタイアップソング『Weekender Girl』をMiku Creator's Project on Google+のフィーチャリングソング『fake doll』と共にスプリットシングルとしてリリースした。2013年7月にはTOY'S FACTORYからニューアルバム『ViViD WAVE』をリリース。また中川翔子や椎名ぴかりん、東京女子流等、リアルボーカリストのプロデュースワークや、吉川友や渡辺麻友、平野綾のアレンジワークも行なっている。

DJとしての活動も積極的に行っており、クラブでのパフォーマンスを始め『ROCK IN JAPAN FES』といった国内の大型フェスへの出演やアジアを中心に欧米、ヨーロッパ、南米等、海外でのDJプレイも頻繁に行い、2015年9月2日にはメジャーリリース4枚目のフルアルバムとなる『Desktop Cinderella』をリリースし、オリコンJ-POPデイリーチャートにて自己最高位となる8位を記録。2016年には、HATSUNE MIKU EXPO 2016のテーマソングを担当し、6月15日には同人活動時代からの集大成となるボーカロイドベストアルバム「Eight -THE BEST OF 八王子P-」をリリースした。

  • MMDとは「MikuMikuDance」の略称→MikuMikuDance(ミクミクダンス)はキャラクター3Dモデルを操作し、アニメーションを作成することのできるフリーウェア。

DJ'TEKINA//SOMETHING

地元茨城にてバンドを結成したのち、フラットに音楽を聴いて貰える、という理由からVOCALOID Producerとしてのクリエイター活動を開始。

2012年YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONSよりメジャーデビュー。

現在までのネット上での関連動画の再生数は1000万回を超える。

現在はBABYMETALの演奏、ミキシングまでを含める、作詞作曲編曲をはじめ、他アイドルへの楽曲提供、声優とのコラボ、DJ活動として各種Remix、バンド活動ではエモ・ハードコア界隈でボーカリストとして活躍する等ジャンルや界隈にとらわれない活動姿勢で、キッズから多くのリスペクトを集める。

2014/2/26 BABYMETALがiTMS USA U.K DE、等海外のMETALチャートにて1位2位等を獲得したことにより、世界的にそのサウンドプロデューサーとしての名前も拡大。

又、DJ'TEKINA//SOMETHINGとして、BABYMETAL唯一の公式リミキサーを務めている。

2016年にはBABYMETAL 「KARATE」を作詞作曲編曲トラックメイク、ミキシングまで全てをオールインワンで行い、ビルボードチャートへの入曲を果たす。

ROCK IN JAPAN2013 2014 2015 2016と4年連続でDJとして参加。

COUNT DOWEN JAPAN2013/14 15/16にはVoとDJとして参加を果たす。

SUMMER SONIC2015にもVo,DJとして参加。

また、SPEEDにも趣味で作ったRemixが公認され、その流れからERIHIROのデビューシングル「Sters」を全面プロデュース。

その他、TRF公式RemixCD、kiss-my-ft2RemixCDにも参加。確かな実力で各界隈へファンを作り続けている。

DJ'TEKINA//SOMETHINGとして自主制作リリースされたCDにはamazonダンスチャート1位を獲得し、エレクトロミュージッククリエイターとしても頭角を現し始めた。

海外活動も、東南アジア諸国、南米、北米、欧州など現地のイベンターから招聘。海外にも多くのファンを持つことを証明。

さらに最近ではドラゴンボーズZ復活のFの主題歌の制作等アニメ界隈へも進出。

2016年春にはAVEXからDJ'TEKINA//SOMETHING名義がメジャーデビューし、今秋にはゆよゆっぺ名義で、シンガーソングライターとしてメジャーデビューした(都合3度目)。

BAND 「GRILLED MEAT YOUNG MANS」のVoとしても活動し、非常に幅広いフィールドで暴れまわっている。

めろちん

2010年12月3日に初めて『ハッピーシンセサイザ』の振付動画を投稿。

200万回以上再生され話題となり「踊ってみた」カテゴリにて一躍人気踊り手となる。

また日本のみならずアジア各国へのイベントへの参加、DJとしての活動も始め、踊りにDJに活動の場を広げている。

The Retrievers (ザ レトリバーズ)

はりーP

Guitar:akkin、曽根巧

Bass:上田健司

Drums:松原マツキチ寛

『はりーP』こと針原翼が率いるボーカロイド・ロックバンド!!

はりーPとBassの上田健司が出会い、意気投合し、音楽の話で盛り上がりThe Retrievers(ザ レトリバーズ)が結成される。

今回のマジカルミライでは、数々のアーティストのステージやレコーディングをサポートしているロックギタリストakkin(ONE OK ROCK、LiSA等)、曽根巧(superfly、a flood of circle等)に加え、最高のロックドラマー松原マツキチ寛(ゆず、superfly等)をメンバーに迎え、スペシャルロックバンドとして出演。またスタジオジブリの大ヒットナンバーを収録した1st ALBUM「The Retrievers feat.初音ミク~ジブリを歌う~」をリリースし、話題を集めている。

ナユタン星人(媒介:松下)


ナユタン星人

2015年7月に地球侵略活動開始。「エイリアンエイリアン」「ダンスロボットダンス」「太陽系デスコ」他数曲が100万回再生突破。地球に来るときは地球人の体を乗っ取ってくる。


松下

ハスキーで特徴的な歌声が反響を呼び、2013年にメジャーデビュー。

アニメ・ゲーム楽曲を中心に多数歌唱を行っており、自他共に認める「末期の腐女子」「重度のゲーマー」でありながら、原宿系ファッションブランド"gimme geek!!"を立ち上げ、プロデューサー・モデルとしての側面も持っている。

歌唱楽曲は1,200万以上再生されており、アジア圏を中心に世界でも評価を得ている。

ピノキオピー

2009年より動画共有サイトにボーカロイドを用いた楽曲の発表し、ピノキオピーとして活動開始。以降も精力的に楽曲を発表しつつ、ここ数年はライヴ活動に尽力している。作風は、フロアを意識したテクノミュージックやお祭りどんちゃん盆踊り型ダンスミュージックから、ノスタルジックなフォークなど幅広いサウンドをエレクトロ・パンク精神で発信するサウンドクリエイター。

ライヴにおいては、マイクを握り、サンプラーを叩き、スクラッチをしては、お客様へ笑って歌って踊って楽しめるパフォーマンスを提供している。

2017年7月現在、次回の全国ツアーを水面下で計画中!

ATOLS

日本の電子音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、VOCALOIDを用いた楽曲で注目を集める。

音楽のみならず映像・デザイン・企画・プロデュース等 多岐に渡り熟す総合アーティスト。

また、人間の口だけで多様な音楽を奏でる ヒューマンビートボクサー、としても知られている。

keisei

1993年11月3日生まれ、茨城県かすみがうら市出身。

厨二病期真っ只中に初音ミクを触媒とした文化や技術に衝撃を受け、ファンの傍らクリエイターとして活動することを志すようになる。

2008年よりニコニコ動画を中心にオリジナル曲を投稿。総再生数30万回。

今回、初音ミク「マジカルミライ 2017」楽曲コンテストにて「Singularity」が採用される。

個人サークル「ミライトアルマチ構想」の名前には「未来、と或る街」「未来と在る町」の2つの意味があり、デジタルとアナログ両面の発想や情緒を大切にした創作を心がけている。

本業はWebエンジニア見習いで、ネットクリエイターが楽しく創作できる世界を作ることを企んでいる。

産総研 Songle Sync(ソングルシンク)

「Songle Sync (ソングルシンク)」は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (産総研) が研究開発し、2017年8月2日に一般公開を開始した大規模音楽連動制御プラットフォームです。

産総研OngaACCELプロジェクトでは、音楽の中身を自動的に解析する音楽理解技術の力で、音楽体験の未来を切り拓く研究開発に取んでいます。それにより、学術的・産業的・社会的・文化的に貢献していくことを目指しています。

最新の研究成果であるSongle Syncは、音楽の再生に合わせて、沢山の機器を同時に制御することで一体感のある演出ができます。例えば、スマートフォン (スマホ) やパソコンのウェブブラウザからSongle Syncにアクセスして、ウェブ上の楽曲を選んで再生すると、音楽理解技術で事前に解析されたビートや小節、サビ区間などに応じて変化するCGアニメーション(CG映像)が表示されます。それに連動するためのQRコードを他の人が自分のスマートフォンで読み込むと、同じアニメーションが表示されて、時刻同期しながら変化します。ライブ・イベント会場などで数百人がこのようにアクセスすると、音楽に合わせて一斉に変化するアニメーションが画面表示されて一体感のある演出を楽しめます。

「マジカルミライ 2017」の本DJステージでは、会場で配布するSongle SyncのQRコードを自分のスマホで読み込むと、ステージ上の音楽に合わせてスマホの画面にいろいろなCGアニメーションが表示されて、ステージをより一層楽しむことができます。無料で体験できますので、是非、スマホにQRコードリーダーをインストールしてご持参ください。

本企画関係者:後藤 真孝(総括・企画)、井上 隆広(Songle Sync設計・開発)、石田 啓介(CGアニメーション設計・開発)、川崎 裕太(Songle設計・開発)、他

「ミクダヨー」とは

『ねんどろいど 初音ミク』風のキャラクター。2011年に、株式会社セガゲームスが販売する音楽ゲーム『初音ミク and Future Stars Project mirai』のプロモーションキャラクターとして誕生。『ねんどろいど 初音ミク』のイメージと少々異なる姿が人気となり、「ミクダヨー」の愛称で親しまれるようになった。

現在は、同社が手がける初音ミク関連ゲームの他、様々なイベントやキャンペーンに登場するなど、活躍の場を広げている。

  • 『ねんどろいど』は、株式会社グッドスマイルカンパニーが販売する、キャラクターなどを2~2.5頭身程度にデフォルメしたフィギュアのシリーズ。

BIGHEAD(前名義:エレキP)

10代の頃より音楽活動を始め、ギター、ベース、ドラム、ミックス機材などを習得。音楽制作会社勤務を経てフリーコンポーザーに転身。CM音楽の製作、編曲、レコーディングなどを手がける。2012年より「初音ミク」を使用したボーカロイド楽曲の制作をはじめる。

2014年「Story Rider」(エレキP名義)がLADY GAGAのコンサート「LADY GAGA's artRAVE: the ARTPOP ball 」(北米16ヶ所公演)の初音ミクによるオープニングアクトで演奏された。

同年、名義をBIGHEADに改め、初音ミクの世界ツアー「HATSUNE MIKU EXPO 2014 in LA&NY」のテーマ曲「Sharing The World」を作曲。開催地ロサンゼルスのアフターパーティーにてDJプレイを披露。

同楽曲は全米放送の人気番組CBS『 Late Show With David Letterman』で放送されたほか、「将棋 電王戦 FINAL」のPV動画や「初音ミク-Project Diva -X」など世界中で楽曲使用されている。

その他、GOODSMILE RACINGのチームテーマソング、雪ミクスノースポーツラインの公式テーマ曲、CM ソングを手掛けるなど多岐にわたる活動を行っている。

北海道、札幌市在住

  • 無料観覧ステージは、企画展への入場が必要となります。「企画展入場券」(税込500円)をご購入ください。